Top >  豊胸手術 >  豊胸術の脂肪注入法と人工乳腺法

スポンサーサイト

豊胸なら大宮中央クリニック
バストアップはもちろん、さまざまな胸の整形で悩み解消

品川美容外科の「豊胸術」
「胸を大きくする」 「美しくバストアップする」 美容整形クリニックにおける豊胸術を分りやすく解説、理想のバストラインへ!

バストアップに【プエラリアロイヤル】
天然の女性ホルモン作用を持つ幻の植物、プエラリア・ミリフィカ!

加藤クリニック麻布
豊胸手術・二重手術・若返り(アンチエイジング)・スキンケアのことなら加藤クリニック

豊胸術の脂肪注入法と人工乳腺法

豊胸に興味のある女性には、小さいバスト、垂れたバスト、左右の大きさが違うバストなど深刻な悩みになります。バストに関する悩みを持つ女性は多く、大きさや形、硬さや感触も問題になるのです。バストの形や感触は成長期の発育、出産や授乳、加齢などの関係で変化し、出産後のバストの衰えも気になるところです。

現在の豊胸術にはさまざまな手術方法があり、豊胸の手術方法には大別すると脂肪注入法と人工乳腺法にわけられます。脂肪注入法とは、自分の脂肪を吸引してバストに注入することでバストアップする豊胸術です。

脂肪注入する部位は、乳腺上、乳腺下、大胸筋下などの多層にまんべんなく注入して定着させ豊胸します。自分の身体にある脂肪なので注入後にも拒絶反応が起こらないこと、見た目も触感もとても自然なバストになれるメリットがあります。

また現在豊胸手術の多くはプロテーゼを挿入する人工乳腺法と呼ばれる豊胸手術です。人工乳腺バッグにも種類があります。豊胸技術が進歩したおかげで、豊胸バッグの質も向上し、本物とみわけのつかないほど自然なバストにすることが可能になりました。



スポンサーサイト

豊胸なら大宮中央クリニック
バストアップはもちろん、さまざまな胸の整形で悩み解消

品川美容外科の「豊胸術」
「胸を大きくする」 「美しくバストアップする」 美容整形クリニックにおける豊胸術を分りやすく解説、理想のバストラインへ!

バストアップに【プエラリアロイヤル】
天然の女性ホルモン作用を持つ幻の植物、プエラリア・ミリフィカ!

加藤クリニック麻布
豊胸手術・二重手術・若返り(アンチエイジング)・スキンケアのことなら加藤クリニック

 <  前の記事 SUB-Qの豊胸術でバストアップ  |  トップページ  |  次の記事 豊胸手術後の心配  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4293

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「バストアップ!本気で豊胸」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。