Top >  豊胸手術 >  豊胸手術の合併症とは?

スポンサーサイト

豊胸なら大宮中央クリニック
バストアップはもちろん、さまざまな胸の整形で悩み解消

品川美容外科の「豊胸術」
「胸を大きくする」 「美しくバストアップする」 美容整形クリニックにおける豊胸術を分りやすく解説、理想のバストラインへ!

バストアップに【プエラリアロイヤル】
天然の女性ホルモン作用を持つ幻の植物、プエラリア・ミリフィカ!

加藤クリニック麻布
豊胸手術・二重手術・若返り(アンチエイジング)・スキンケアのことなら加藤クリニック

豊胸手術の合併症とは?

豊胸手術の合併症とは?やはり心配になりますね。

豊胸手術の合併症には、挿入したプロテーゼ(豊胸バッグ)に異物反応が生じて、プロテーゼ表面にカプセル拘縮と呼ばれる繊維性の被膜が形成されることが一番にあげられます。

バッグ表面に皮膜が形成されるとバッグ自体が固くなったり、変形したり、肥厚する可能性が出てきます。豊胸手術後に行うバストマッサージでカプセル拘縮を予防します。

カプセル拘縮が起こってしまった場合は、プロテーゼ(バッグ)を取り出すしかなく、豊胸術後に正しくアフターケアを行なうことが大変重要なのはそのためなのです。マッサージを行うことでカプセル拘縮を予防することが可能です。

ただアフターケアのマッサージなどをしっかり行なっていてもカプセル拘縮が発生することも中にはあるようです。体質的な問題もあるということです。

豊胸手術後に乳首やバストの感触が鈍くなることも合併症のひとつとされています。ただこうした症状は大体豊胸術後約半年ほどで収まることがほとんどだといいます。また多少のバストの感覚低下がおきることもあります。



スポンサーサイト

豊胸なら大宮中央クリニック
バストアップはもちろん、さまざまな胸の整形で悩み解消

品川美容外科の「豊胸術」
「胸を大きくする」 「美しくバストアップする」 美容整形クリニックにおける豊胸術を分りやすく解説、理想のバストラインへ!

バストアップに【プエラリアロイヤル】
天然の女性ホルモン作用を持つ幻の植物、プエラリア・ミリフィカ!

加藤クリニック麻布
豊胸手術・二重手術・若返り(アンチエイジング)・スキンケアのことなら加藤クリニック

 <  前の記事 SUB-Qの豊胸はとても自然なバストアップ  |  トップページ  |  次の記事 SUB-Qの豊胸術でバストアップ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4291

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「バストアップ!本気で豊胸」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。