Top >  豊胸とバストアップ >  バストサイズ

スポンサーサイト

豊胸なら大宮中央クリニック
バストアップはもちろん、さまざまな胸の整形で悩み解消

品川美容外科の「豊胸術」
「胸を大きくする」 「美しくバストアップする」 美容整形クリニックにおける豊胸術を分りやすく解説、理想のバストラインへ!

バストアップに【プエラリアロイヤル】
天然の女性ホルモン作用を持つ幻の植物、プエラリア・ミリフィカ!

加藤クリニック麻布
豊胸手術・二重手術・若返り(アンチエイジング)・スキンケアのことなら加藤クリニック

バストサイズ


バストの大きさや形は遺伝的要素が大きいといわれています。が、母親は大きなバストなのに娘が小さなバストであったり、その逆だったりするケースもあります。

バストの大きさは遺伝だけが関係しているわけではなく、食生活や生活習慣などさまざまな要因で女性ホルモンの分泌などが影響されてきまります。なので身体全体が痩せているとバストも小さくなります。このようにバストのサイズは脂肪の量や食生活なども関係しています。

小さなバストは乳房組織の発育不良が原因ともいわれています。バストは、腺小葉、腺胞、乳管などの組織からできています。バストは線維細胞でおおわれ、細胞や器官の間には脂肪が存在します。バスト内には血管やリンパ管が縦横に張り巡らされ走り、栄養や酸素、ホルモンなどが流れています。

太った女性で大きなバストの方はバストの脂肪層が厚く、身体がスリムなのにバストが大きい女性は、バスト内の脂肪層以外の腺小葉、腺胞、乳管などの組織が発達しているとされています。このタイプは欧米人に多く、日本人のバストは脂肪が多いタイプが多く、それが授乳後の下垂につながってしまうのです。



スポンサーサイト

豊胸なら大宮中央クリニック
バストアップはもちろん、さまざまな胸の整形で悩み解消

品川美容外科の「豊胸術」
「胸を大きくする」 「美しくバストアップする」 美容整形クリニックにおける豊胸術を分りやすく解説、理想のバストラインへ!

バストアップに【プエラリアロイヤル】
天然の女性ホルモン作用を持つ幻の植物、プエラリア・ミリフィカ!

加藤クリニック麻布
豊胸手術・二重手術・若返り(アンチエイジング)・スキンケアのことなら加藤クリニック

 <  前の記事 理想のバストになるためのバストアップ  |  トップページ  |  次の記事 バストの成長と女性ホルモン  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4279

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「バストアップ!本気で豊胸」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。